AI審査は幅広い項目でスコアを出すので、低年収や勤続年数が短くても優遇されるチャンスがあります。

AI審査が今後与える影響

 

Aiスコアレンディングで話題になっている人工知能を活用したAI審査は今後普及していくことが予想されます。
AI審査によって公平かつ精度の高い審査を可能にする一方で貸金業界や利用者に様々な影響を与えることが予想されています。

 

少額融資の金利優遇

 

AIを囲む光

現在、100万円未満の少額融資の場合、消費者金融では新規利用を条件に大半は利息制限法上限金利の18%が適用されています。
銀行系カードローンは消費者金融に比べると金利は安いですが、限度額に応じて金利が設定されるので限度額が少なければ金利は高めになります。
現在のサービスでは低金利で借入するには、カードローンで高額の限度額設定をするか、消費者金融を繰り返し利用するしかありません。

 

AI審査では、新規や借入額に関係なく平等な審査を行うので条件次第では新規の少額利用でも低金利での借入が可能になります。
年収の高いほど優遇金利を受けられやすいですが、AI審査は性格や趣味、家族構成など幅広い項目で審査をするので年収の低い人や勤続年数が短くても貸付条件を優遇されるチャンスはあります。
金利が低いと審査も厳しくなると思われがちですが、AI審査は人件費削減と貸し倒れリスクを高精度で分析しているので、単純に高スペックの人だけに優遇金利で貸付をするプレミアムローン系とは違います。

 

AIによって今後はたくさんの仕事が奪われる

 

AI審査の金利が優遇される要因のひとつは審査センターの人件費を削減させたことです。
利用者から見れば魅力的なサービスですが、将来的にはどんどんAIが人の仕事を奪っていくことを予想されていて雇用環境の悪化する可能性があります。
近い将来、AIによってなくなる懸念のある職業の一例をご覧ください。

 

  • ホテル、レストランなどの受付
  • 翻訳
  • ドライバー、運転手
  • 会計士
  • 一番事務員、秘書
  • 保険の査定担当者
  • 不動産ブローカー
  • 臨床検査技師

 

上記のほかにもAIやコンピュータ化によってなくなる仕事は非常に多く、現在の職業の半分は将来的になくなるとも言われています。
なかには会社の社長や取締役など指示を出したり采配をする管理職もAIに奪われたり公務員の仕事も減少する予測も出ています。

 

会計士や臨床検査技師など難関の国家資格を経てなった職業や、狭き門を突破した公務員がAIに仕事を奪われて離職すれば、同等の高待遇を受けられる仕事を探すのは困難です。
将来の若者は就職先を探すのに、好条件の求人は倍率が上がって格差社会の広がっていくことが予想されます。

 

AIによって便利な世の中へ変化していきますが、仕事で成功する人と失敗・苦戦する人の二極化が進んでいき、消費者金融などのキャッシングサービスの需要が高まってしまう懸念があります。
AI審査は、仕事の将来性も今後は重視されるように変わっていくでしょう、現在は堅い仕事と言われているものでも将来は安泰とは言えないくらいAIの進化は著しいです。